引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック

 

引越しに使うトラックにはいろいろなサイズがあります。
大きいトラックなら荷物が入りきらないなんていうトラブルもないので、便利なように感じるのではないでしょうか?

 

ところが大きいトラックはガソリン代や高速代などの経費が小さくトラックよりかかります。
それと狭い道路を通れないというデメリットもあります。

 

トラックの大きさと道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本には区画整理前のまま存在する狭い道路も多いです。
トラックが通れないことも想定しなければなりません。

 

荷物が多いのに大きなトラックが使えない場合は、小さなトラックを2台用意するとか少し離れた場所にトラックを停めて台車でトラックまで荷物を運ぶことになります。いずれにしても予算が余計にかかる可能性があります。

 

物件の前面道路が狭い時は、どのように引越しするのが一番効率が良いか引越し業者と相談しておきましょう。